さらばテイラーシステム

2022.02.01
さらばテイラーシステム

1月に特集が組まれた日経新聞の「成長の未来図」。

20世紀において、類をもない経済成長を成し遂げた自動車産業。

なかでもフレデリック・テイラーが提唱した「科学的管理法」。

ストップウォッチ等で科学的に分析して大幅に作業を効率化させた「テイラーシステム」。

モノからアイデアやノウハウに移る「知」の時代 21世紀。

20世紀のモノづくりにおいて優位に立っていた日本にも、最近は「知」の競争に出遅れ感があります。

熱意をもって仕事をする社員はなんと5%、ギャラップ社の調査で日本は最低水準だそうです。

グーグルで有名なのは、サービスの充実さもさることながら

働く喜びを重視する「プロジェクト・アリストテレス」たる社内調査にあるそうです。

そこでみえた「心理的安全性」の重要性。

社員のパフォーマンスと心理的安全性は深く関係する為、10年かけて仕組みを磨いてきたそうです。

「さらばテイラーシステム」。

21世紀は「心の資本」をいかに蓄積させるかが、どうやらカギとなりそうです。

 

一覧に戻る