アクティングアウト(行動化)という指標 <TOP POINT12月号より>

2019.01.19
アクティングアウト(行動化)という指標 <TOP POINT12月号より>

最近始めたTOP POIN」、

12月号で思わずマーカーペンを引いた箇所がありました。

 「キレる中高年:アクティングアウトという指標」

 日本の中高年の心の未熟さの特徴の一つは、

自分の感情をうまくコントロールできない人が多い事。

成熟した人間は、感情を自分の内面に保持でき、かつコントロールできるのだそうです。

 例えば、成熟した人なら電車の優先座席に座ってスマホをいじる若者を

穏やかにたしなめられます。

一方で、いきなりキレて怒鳴りちらす中高年もいます。

後者の様に、自分の否定的な感情をコントロールできない、

これを「アクティングアウト」(行動化)と言うそうです。

 アクティングアウトせずに、自分の内面に感情を保持できるかどうか、

これが成熟/未成熟の分岐点らしいのです。

 現代人が切れやすいのは、生活が便利になりすぎたのも要因。

少し歩くとコンビニがあり、欲しいものはスマホ検索し即購入。

今すぐ自分の欲求を実現したい、欲求を抑えられない(欲求の遅延化ができない)

中高年が増えているのだそうです。

 私自身も思い当たる節がいくつかあり、特にスマホを持ち出してからは、

便利になった反面、せっかちになりイライラすることも増えていたように思います。

自分の欲しい情報だけが偏り、苦手なモノや人を知らず知らずに遠ざける、

この記事を読みハッとさせられた瞬間でした。

 <今回のTOP POINTを読んでの誓い>

否定的な感情をも一旦は内面に保持し、自らが感情をコントロールできる大人を目指す。

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る