協調の方程式

2021.01.18
協調の方程式

日経新聞の新春号

日曜日の「サイエンス」版に3回に分けて特集が組まれた「協調の方程式」。

なるほどな~と頷きながら、上中下とも読まさせて頂きました。

中でも、これぞ理想的なチームワークと取り上げられたのは

2020年12月に小惑星のかけらを収めたカプセルを持ち帰った

「はやぶさ2」の成功。

そこには誰もが気軽に失敗のリスクを口にする職場環境があり、

一方で、成功を前提に計画を完遂したシステム専任のNECチームもいました。

好対照のチームが融合したからこそ偉業を成し遂げたそうです。

アリがもたらす餌運びのシステムも、自らを含めた群れ全体の効率化を生む

社会ルールが自然と生まれたのだそう。

私が以前から言っている

「協力ある群れは優秀な個を超える」と重なります。

協調とは真逆であるのは、

昨今の米国と中国による覇権争いや、

気候変動による先進国と発展途上国との対立、

人種問題や格差問題、

上げたらきりがありません。

この特集の最後の言葉。

「協調とは、大きな集団に埋もれたり従順すぎたりする行為とは違う。

協調の方程式があるとしたら、集団に加わりながらも、個人や少数派が存在感を

発揮していく事」。

集団の一部に徹ししすぎると、国同士の摩擦や社会の分断に繋がりかねないと

の事。

価値観が一気に変化しそうな世の中。

新型コロナウィルスが蔓延する中、存在価値を考え昨年12月に当社の理念も一新しました。

「協調とは何か」

2021年の始まりです。

 

 

 

 

一覧に戻る