GX(グリーントランスフォーメーション)

2021.07.28
GX(グリーントランスフォーメーション)

最近よく耳にする「グリーントランスフォーメーション」。

アメリカでは、トランスフォーメーションを「X」で表す事が多い為、GXと訳されますが、「脱酸素」に向けた取組みは、世界中で加速しています。

原子力、火力といった発電所は、水力や風力、太陽光に変わり、

新たな工場立地においても、それらを重要な要素として考えている企業も増えている様です。

自動車においては、欧州を中心にガソリン車からEVにシフトチェンジと宣言。

大企業だけの問題でもなく、取引先も含めた「脱酸素」の動きが加速すれば

中小や小規模事業所にも取引要件として「GX」要素がついて回ります。

 

大量生産、大量消費に生み出さされる豊かさへの疑問、

アメリカでは「環境負荷の軽い商品」を選ぶ若者たちが増えているようで、

そのような「緑の消費者」達にも今後は目をむかなければなりません。

本来は、CO2排出量もEVに引けを取らないPHVは、欧州では評価が低いですから、

いかにして日本の企業や国がルール作り側に回れるかが問われてきます。

 

さて、弊社も少人数ながら「GX」に向けた取組み。

まずは、年間3万kmを走行する私の車から今年度中に着手したいと思います。

一覧に戻る